手にとってもらえる音楽

img_3236

マスタリングエンジニア阿部さんによって最後の工程が終了!
これでアルバムの音に関しては全て終わりです。

今年の3月にスタートして夏には終わる予定が夏を過ぎ、秋を過ぎ、クリスマスまでかかってしまった。
年内リリースができなくなってしまった。ごめん!
確実なリリース日が決定したらこのHPでお伝えします。

今の時代、CDを創ってもそれを手にしてくれる人は少ないかもしれない。
でも手にとってもらえる音楽を僕は創りたかった。
なんかそのケースの中に詰まっているもの。
そんなものを人って感じるよね。

今、ジャケットを創っている。
ジャケットもまた、今やグッズにすぎないけれど、ジャケットを見てどんなサウンドなのか、どんな想いが詰まっているのかって香ってくる。
そんなことを想像する時っていいよね。
ジャケットデザインは僕のお気に入りアーティスト、IDECO(イデコ)と創ってる。
IDECOが作る赤(Red)が赤の中でもお気に入りの赤です。
品のある虚弱体質カルチャーデザイナーIDECOと今日も創っています。

手にとってもらえる音楽。
手渡したいよ。