春に似合う歌

Collage_Fotor

3月17日土曜日。
みんなの想いを歌にして咲かせよう。
昨年12月からスタートしたSeishiro’s SONGS GARDEN。
Vol.2を楽しく終える事が出来ました。
いつも足を運んでくれるみんなにココロよりありがとう!

今回は「春に似合う歌」を集めてプログラムをしてみました。
どの季節にもいい歌があるのですが、春の歌には陽と水分の分子がバランスよく含まれている気がします。
うたっていてその質感を感じました。
春から初夏へ。初夏から夏へ。僕たちの一番好きな空気がやってきます。
そんな空気をGARDENではこれからも吹かせていきます。

愛するオーディエンスと共に、これからもこのGARDENがたくさんの陽を浴びて大きく育っていくことを抱きしめて、また次へ歩いて行きます。
みんなありがとう!
瑞々しい春を気持ちの中に咲かせてください。
また、GARDENを浴びに来てください。

Seishiro’s SONGS GARDEN Vol.2のセットリストを書いておきます。

M1 DAYS OF GARDEN (新曲)
M2 とっておきの季節 (アルバム「素晴らしい恋をしよう」より)
M3 道 (アルバム「ぼくはここにいるよ」より)
M4 いつまでも (新曲)
M5 春の歌 (スピッツ) リクエスト
M6 卒業写真 (荒井由実) リクエスト
M7 春物語 (新曲)
M8 しあわせまだかい (アルバム「ヴィーナスと恋泥棒」より)
M9 ほっとけないよ (アルバム「さよなら、また明日」より)
M10 たんぽぽのお酒の栓あけたら (アルバム「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」より)
M11 Amapola (Joseph Lacalle)